めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年08月29日

BLOODY ROMANCE

樹齢二千年を超える大樹が丘から石畳の広場を見下ろしている。
人間の営みなど所詮小さなものに過ぎぬのだと。
だがしかし脆くはかないからこそ、絆は強固に紡がれてゆくのだと。

嘗て殺戮と破壊の舞台となった広場には千人ほどの老若男女の領民達が集い、夕日が染めた
金色がやがて橙色に変わる頃、祭りは死者を慰める黙祷から始まった。

つい先ほどまで嬉しそうにアリエッタとの思い出話に華を咲かせていたアデルも
今は神妙に祈りを捧げている。
数年前に亡くなったという祖母のためなのだろう。
滲んだ雫がアデルの横顔に茜色の輝きが伝っていく。

そして放たれた鳩の白い羽ばたきが一瞬夕空を覆い尽くし、やがて眩しい光の中に飲み込まれていくと笛と太鼓が陽気な音を奏で出した。

お祭りの始まりだ。

この世のすべての色が揃えられたような皿には新鮮な果実と野菜が更に彩りを加え、
飴色にローストされたチキンや、桜の香りがする燻製肉が並べられた長いテーブルには人々が群がり、アデルもそこで頬を膨らませながら食事と歓談を楽しみ、にっこりと微笑んでいる。
私もアデルに引っ張り回されながらお祭りに興じていた。

酒を飲んで陽気に歌って踊っているうちに、何時の間にか茜色の輝きは闇の底に沈んで宝石のような瞬きが藍色の空に散りばめられている。

人々の享楽と星々の瞬きの間にそのピアノは置かれていた。
誰もがハンマーが弾く弦の音を楽しみ、華麗な演奏にもそうでない戯れにも惜しみない拍手と歌が注がれている。
「うふふっ!おじさま。私も少しは弾けるのよ?」
何時の間にか私をおじさま呼ばわりするようになったアデルはピアノの前にちょこんと座り、やがて三つ編みと身体を揺らして演奏を始めた。
聴いた事がない曲であったが、明るい調子に乗せた歌声は広場の隅々にまで届き、拍手喝采で皆が応える。
時折目を閉じて恥ずかしそうに鍵盤を叩く彼女の奏法は私の娘にそっくりだった。

娘も娘の為に買ってやったピアノも今は他人となった妻の所へ行ってしまった。
仕事ばかりで父親らしいことなど何一つしてやれなかった。
唯一の絆がピアノだったとは、なんと情けない父親だったのだろう。
「どう?おじさま?楽しい曲だったでしょう?」
そう言ってアデルはにっこり微笑んだ。

「…私も弾いてみようか?」
その言葉は少し予想外だったようだが、アデルはすぐに悪戯っぽく微笑んで
「おじさま弾けるの?」
と嬉しそうに私をからかった。

奇妙な服装の異世界の住人が壇上に設けられたピアノの前に座ったからであろうか。
領民達の耳目が一斉に注がれ、祭りの熱気が数度下がったようだった。
ピアノは18世紀に原型が発明され、19世紀には工業製品化されて世に広まることとなった。
目の前のピアノはどうやら、19世紀後半の代物らしい。
力を抜いて指先をそっと鍵盤に置き、息を吐いた後に一気に娘のお気に入りだった楽曲の記憶を叩き込んだ。
会社の余興に覚えた曲だったが、娘はなぜかこのサンバのリズムを聴くと笑い転げて一緒に歌ったものだった。
「ブラジル」など当然初めて聴くのであろう。
領民達は呆けたように顔を見合わせていたが、それも暫しのことでいつの間にか皆踊りに興じている。

演奏が終わるとアデルが手を叩きながら、壇上に上がってきた。
彼女だけではない。
すっかり打ち解けたのであろう、顔を朱に染めた酔っ払いがぶどう酒を勧めてくれ、頬を緩ませたご婦人が肉料理を勧めてくれた。
皆が笑っている。私もその中心で笑った。
こんなに笑ったのは久しぶりだった。
そのままお祭りは最高潮を迎えようとしていた。

「……おじさま」
アデルが少し寂しそうに微笑みながら、私に声をかけて来た。
その華奢な腰のあたりにサッカーボールほどの大きさの輝きがキラキラと輝いている。
「そろそろお別れの時間だって。霧丸先生が」
彼女の周りをゆっくりと漂う鬼火は私の案内役であった。
「……そうか。お別れか」
「さようなら…おじさま」
鬼火はフッとアデルから離れ、別離を促す。
「ああ…アデル。いろいろ有難う」

さようなら…。
お祭りの音楽が少し止み、皆が手を降り始めた。
酒を愛する者はグラスを掲げ、そうでない者は両手を掲げている。
有難う…。さようなら…。
私も両手を掲げ、惜別の気持ちを乗せて思い切り振った。
そして、鬼火に導かれて森に向って歩みを進めていく。

広場の輝きはだんだん小さくなり、森の裾に達したとき
「おじさまー元気でねー!」とアデルの声がここまで聞こえてきた。
「アデルも達者でな!皆に宜しく!」と私も応えたが、彼女のような破壊的な大声ではないので広場まで届いたかどうかは判らなかった。

その刹那、輝きが夜空に打ち上げられて星々の瞬きを霞めるほどの鮮やかな色彩をばら撒いた後、静かに消えていった。
……花火だ。
何発も何発も放たれるその光は闇空に輝いて、地上に立つ物の影を落としている。
その中で塔の影が長く伸び、その頂点に座る人影に私は気がついた。
昨晩、壮絶な戦いが繰り広げられたその石塔は修理が進んではいるが、屋根は崩れたままであった。
その屋根の瓦礫に座り、広場を見つめるその姿を夜に放たれた色彩が浮かび上がらせていく。
赤い髪は夜風に吹かれ、様々な輝きを吸い込んで尚紅く輝くその瞳。
白銀の甲冑につつまれたその娘の姿は…。
永久の闇のなかでウリエルの業火につつまれながら、この地を照らすという列福の不死者。
「カーマイン…」
私は思わず叫んでいた。
「私を…私もここで暮らせないだろうか?!現世に帰っても、もう私の居場所などどこにもないんだ!」

彼女はその叫びに一瞥もくれることなく、領民の集う広場を見つめていた。
だが、霞みに包まれる寸前に脳裏に染み渡ってきた彼女の言葉を私は生涯忘れることはないだろう。



2006年08月28日

はぐれ悟空☆脱力系

060828_1856~001.jpg素敵息子は小生が言うのもなんですが、大変画才があると密かに…いえ大っぴらに思っております(^_^)b

その才能は妻の素敵遺伝子の発芽なのです。

素敵息子の為の作品
「はぐれ悟空☆脱力系」は彼女の才能爆発の素敵な逸品と言えるでしょう(^_^)b

闘いなどまったく無縁の脱力系サイヤ人…次回は是非「無気力王子べジ〜タ」
に挑戦して欲しいものです。

2006年08月23日

やっぱしガンプラって素敵なんすよねえ♪

いらっしゃいませ〜♪

やっぱしガンプラってなんだかんだ言ってすごいと思うんですよ。
☆色塗(ほとんど)不要!
☆接着剤(ほとんど)不要!
☆ポリキャップであんな恥ずかしいポーズまで取らせる事が可!

ね♪多色成型技術とパーツの精度が高い御蔭で、ものすごく造りやすくなりました。

で、こんなアホアホPVをつくる余裕があるところに、バンザイの余裕っていうか王者ぶりが感じられます。

…少年!アッガイも今度つくってみようねw

そして♪大人の趣味として生活に潤いを与えてくれます。
時間のない企業戦士には手軽に「ものつくり」の醍醐味を味わえる立派な趣味だといえるでしょう。

ガンプラBLOG

趣味を十分満喫されている素晴らしいBLOGであります。

小生もHGUCのガンダム買って造ってみようっとw
posted by hirotako at 08:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 素敵なおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

なんて素敵な光景なんだ♪

すげえええっ!
小生猛烈に感動しております。


理由はここ

滅茶苦茶かっこいいいいいいいいい!

是非是非FSSではクバルカンSSI「破裂の人形」を製作していただきたいものであります。


posted by hirotako at 20:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 素敵なおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

DSliteが定価販売?ただしソフト2本も定価で買わなきゃ駄目だけどw

あんな、おとうさん…きのうゆめみてん。

ほう…素敵息子よどんな夢かな?

おかあさんがDSこうてくれたゆめ。

今や子供のおもちゃのカテゴリーを越え、携帯電話のような「生活に溶け込む端末」となっているDS。

発売当初はまさかここまで品薄状態になるなんて一_も想像出来ませんでした。





プレミアがつき定価を超えたオークションでの落札などがあるようですが、DSliteを2本ソフトを購入する条件つきながら定価枠内で販売してくれるお店↑発見。
欲しいソフトがリストにあれば宜しいかもね♪

さて、今日は我が町内の地蔵盆。
素敵息子は夢のことなどすっかり忘れ、
町内のおじいさまが造ってくれた木の板の剣と楯で、喜んで友達と遊び狂っております。

小学校低学年のうちに必要なのは素晴らしい設備の整った学校でも、実績のある御悧巧進学塾でもなく、

広い空き地と良き遊び相手ではないかと思います。

今、遊ばなくていつ遊ぶ?

素敵息子〜♪最近おとうさんあんまし遊んであげてないねえ☆

DSのかわりにもっと遊んであげるということでどっすか♪
posted by hirotako at 15:50| Comment(8) | TrackBack(1) | 素敵なおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和柄アロハが好きなんです♪

いらっしゃいませ〜☆

小生、和柄のアロハシャツが大好きで♪

特に素敵友達とおそろいで買った金魚柄のアロハは大変お気に入りなんです。

しかし流石にそろそろ新しいのが欲しいので買いにいきたいのではありますが、この酷暑の中で繁華街まで行くのが億劫なのですよねえw
まあ、暑いのは寒さにくらべてそんなに苦にならないのでいいのですが、出かけたらおそらくビールがぶ飲みして、遊び呆けてアロハ以上のお金を使ってしまうこと鉄板です。

というわけでヤフオクで探して気に入ったのがあったので入札してみました。
どうかお安くゲット出来ますように!

さて、京都は流石に着物を取り扱っているお店が数多くあるのですが、和柄アロハを創っている素敵なお店もございます。

特に素敵だなあと思ったお店は京都みぶ堂さん





はあ♪かっちょいいなあ☆留袖アロハ

このエグさの中に漂うどこか落ち着いた佇まい。
これは5諭吉くらいしますので流石に全く手が出ません…wたらーっ(汗)

こんなアロハが似合うおっちゃんになりたいものです。
え?今?

紙袋とアニTと眼鏡の一昔前オタクファッションがピタリときまるおっちゃんであります。

素敵でしょう?…うふふっ☆あははっ!
posted by hirotako at 14:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 素敵なグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

BLOODY ROMANCE

開け放たれた窓から迷い込んだ風が、霧丸の煎れてくれた紅茶の香りを浚っていく。
外では祭りの準備もそろそろ終わったようで、子供達の嬌声が洩れ聞こえてくる。
そして澄み渡るような青色を湛えていた空はいつの間にか朱色となって、この世界を金色に染め上げようとしていた。

「だから今日はあの日失われた魂達を慰める鎮魂のお祭りなのです」
霧丸はそう言ってニコリと微笑んだ。
私はもう一度焼け焦げた「我が闘争」の表紙を見つめ、この地へ案内しようとしてくれた写真家の言葉を思い出す。

…俺もそうだったよ。ナチの衛生兵だった叔父貴の言う世迷い事などな…

この地に関わった彼の叔父は狂人扱いされて失意の内に死に、彼自身も闇空に輝く2つの月光の下で不本意に死んだ。
その死を悼みながら、私は現世に帰っても今日の出来事は誰にも話すまいと心に誓った。
だが……。現世に帰れたら?
帰って何があるというのだろう?
家族を失うほど情熱をそそいだ仕事だったが、今はただ燃えかすのような虚しさが残るばかりであった。

霧丸はそんな私の横顔を見て、何か感じるものがあったのか穏やかな口調で言った。
「今日と明日の境目には貴方はご自分の世界へ帰れるでしょう。それまでお祭りを楽しんでください」

その言葉が終わるや否やドアがけたたましくノックされ、霧丸が渋がりながらも微笑んで入室を促すとアデルが部屋に飛び込んできた。
息を切らし三つ編みを揺らせながらアデルは嬉しそうに叫んだ。
「先生!お祭りの準備が終わりました!早く早く!夜になったら先生動けないもの!」
あまりの大声に私は気が遠くなり、書斎の本が数冊書架から滑り落ちて埃を舞い上げる。

「アデル……。お客様がいらしているのだからもう少し行儀良くなさい」
霧丸は呆れ顔で彼女を嗜める。
祖母であるアリエッタの面影を色濃く受け継いだ三つ編みの娘はチロリと舌を出し、ごめんなさいと素直に謝った。
「私は仕事があるので残念ながらお祭りには行けないが、お客様をご案内してくれないか?」

アデルは私の方を向きスカートを両手で掴んでお辞儀をし、挨拶をした。
私も簡単な自己紹介をして、よろしくと言うと彼女はニコリと微笑んで私の手を取った。
「じゃあ先生!お仕事頑張ってください!お客様とお祭りに行ってきます!」
結局霧丸の嗜めはあまり効果がなかったようで、来たときと同様に大声を張り上げて私を引っ張って行く。
私はホルスターに収められた黒い銃と義務が背負わされた彼女の可憐な背中を見つめ、霧丸の苦笑を背に受けながら夕と夜の境目を走っていった。




2006年08月14日

BLOODY ROMANCE

命をたっぷりと吸い上げた灰色の雲が破壊された城と領民たちの村々を覆い、霧雨が夜明けの地平を濡らしている。

霧丸は馬を駆り、瓦礫と泥濘と化した領地を疾走していた。
太陽の輝きは届かず、途切れそうな意識を焦燥が駆りたてる。

銃声が轟いた後、地下礼拝堂で息を潜めていた領民達は勇気を振り絞って鉄の扉を開けた。
敵に一矢報いるべく、さまざまな得物を手にした彼らが見たものは、憔悴しきって倒れているヘルシングの銃を持つ娘だけであった。

領民の誰もが愛するその娘は薄汚れ、目は落ち窪んで隈が浮き出ていたがその口元にはどこか満足げな微笑があった。

ここで何があったのか誰も知らない。どのような敵と彼女が対峙したのかも判らない。
だが、その微笑みに領民達は安堵の息をもらし、たった一人で戦い抜いて冷え切った彼女の身体を毛布でくるみ、暖かいスープを用意して目覚めを待った。

分厚い雲に覆われてはいるがどうにか迎えた夜明けに霧丸も目覚め、アリエッタの無事の知らせに胸を撫で下ろしたのもつかの間、領主の姿がどこにも見えなかった。

書斎にも。
棺にも。
薔薇園にも。

陽光は分厚い雲に遮られているとはいえ、その苦痛は「聖者の炎」の比ではないはずだ。

最後に思い当たる場所に向って霧丸は馬を走らせた。
森のはずれの石塔は城と村と畑が一望でき、カーマインはそこで安らかに眠る領民達の姿を見守りながら長い孤独の一夜を過ごすのだ。

嘶く馬から飛び降りて、石の階段を駆け上り、頂上の扉を開けると…。

廃墟となった家屋…。
荒れ地となった畑…。
燃え盛る炎の煙で、空は灰色に覆われている。

汚された地上を洗い清めるように降り頻る霧雨の中に佇む彼女は背を向けたまま赫髪を震わせて呟いた。

「ごめんさい…」
ルルドの泉でベルナデッタの慈悲に触れ、もう一度人間を信じてみようと思った。

「…ごめんなさい…」
放たれた弾丸からその身を投げ出して庇おうとした霧丸の無私に触れ、もう一度人間を愛してみようと思った。

だが、結局は内に潜む悪意に抗うことが出来ず、眼下には無残な光景が広がっている。
領民達の愛してくれる村が燃えている。
貴方が愛する領民達の営みが瓦礫の山と化している。

霧丸はそっと歩みより、身を寄せて悲しみにくれるその背に手を触れた。

呪われた身体を燃やす業火は霧丸すら包み込んでいく。

「帰りましょう。そしてまたやりなおせばいい…」

少し振り返った赫髪の奥に打ち抜かれた右目が覗く。
涙を失った不死者の頬を霧雨が濡らし、やがて雫が一筋…悲しみを伝って、ぽとりと落ちた。

凄まじい破壊の中で残されたその石塔は、この世の果てにすらある希望を示すかのように揺ぎ無く聳え立ち、
その頂上で穏やかな生と安らかな死を失った二人は、霧雨が洗い流す絶望の景色を見つめていた。

いつまでも…。いつまでも。

2006年08月13日

人形使い?ネットの海は広大だわ♪



こ・恐い〜…。

しかし、本人が満足ならそれで良いのでしょう…。
誰にも迷惑をかけていないわけだし…。

かなり不気味ではありますが…。
posted by hirotako at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義のシンボル☆コンドールマン♪



正義のシンボル「コンドールマン」OPであります。
流石「愛企画センター」そして「川内康範」先生。

今回もトチ狂った歌詞を少年少女たちが可憐な歌声で合唱しております。

ある意味「死ね死ね団のテーマ」より不気味です…。

いのちをかけるかちもないそれほどよごれたにっぽんの〜♪

恐い…恐すぎる!


posted by hirotako at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。