めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年09月22日

ゲド戦記♪

ここまで書かれているならきっとZ以上の反省会が出来るに違いないと
覚悟完了で観に行ってまいりました。

結論と致しましては
そんなに悪くないと思いましたよ♪うん☆
ってところでしょうか。

酷評のポイントを纏めると主に以下の点でしょう。
@これはゲド戦記ではない。ましてやシュナの旅などではない。
A画質・演出が共にペケ☆
Bぼそぼそとした科白。声は声優がアテるべきだ。
Cシナリオが大ペケ♪テーマが全く見えてこない。

小生@についてはゲド戦記の原作を拝読したことがございませんので言及は避けますが、確かに全く異なったお話のようですね。
特に父親との関係については全く逆で、このシーンは不必要であったのではないでしょうか?
まずこれで観客はものっそい不快感を覚えます。
エヴァ映画版の白濁液シーンに匹敵するインパクトでありました。
そして観る前はあの名作「シュナの旅」をクレジットで流すなど……と怒り心頭だったのですが、
ああ……これはパロディなのね!と暖かい目で観ることができました。
本当にシーンのパロディでありました。腹を立てるレベルにも達していません。

Aについてでありますが、これは・・・・・・素人さんにそれを求めるのは酷とも言えますが、大事なお金を払って観に行っているわけですから
観客の皆様は納得しないでしょう。ただ小生も素人なわけですから演出に関しては不快感を覚えるほどの審眼は持ち合わせておりませんでした。
ただ場面転換はあまりにも唐突でそれは素人目にしても、もう少しなんとかならなかったのか♪と思いました。
まったくの余談でありますが「逆襲のシャア」で作画が乱れていることについて、某監督は
「だって時間がなかったんだもん」という旨の大変素敵なコメントを残されております。
それに宮崎駿氏はもはや人間国宝で、いきなりその域を求めるのもちょっと可愛そうです。
そう、ジブリの問題点はやはり後継者が不在ということなのですね。

B上映期間も終盤に差し掛かっている所為なのか、観客数がそれほど多くなかったので科白が聞き取りにくいことはなかったです。
むしろ役者サンたちはみな頑張ってた〜♪と感じました。菅原文太氏の存在感は特に際立っておりました。
この点では小生特に不満はございません。

Cシナリオは大変判りやすいです。テーマは「生命と死」
紡がれる命こそ真の永遠の命なのだということと、命はいつか消えていくものだからこそ精一杯生きるべし、それが生命を大切にするのだということなのであります。
「今日は死ぬのにもってこいの日」
これは生き抜いた人々に許される当に至極の言でございます。
そして死があるからこそ新しい命が生まれてくる。
世界の均衡は神の手によって保たれております。
幸せの量は一定だとするならばそれはどのように分散されていくのでしょう?
今日彼方が幸せな日はきっと誰かが不幸な日。
だからこそ幸せを噛み締めて小生日々有難く暮らしております。

ただ、シナリオが説教くさい感は否めません。
小生、もうすっかりええ歳なんでw特に気になりませんが、世代によっては反発感もございましょう。

この映画に欠けているものはなにか?
それは疾走感だと思います。
テンポ良くお話を駆け抜けるワクワクするような抑揚感、つまりエンタメ性ですね。
お父さんの演出やシナリオはこの辺がまさに秀逸でありました。

ところで命の尊さを扱っているアニメに
「ブラックジャック」がございます。
手塚治虫大先生の原作は人間の愚かさや壮絶な復讐劇が内包されておりますが
ご子息の手塚眞氏はそこらへんをバッサリ切り落とし、ゴールデン枠に相応しい親子で楽しめるエンターテイメントの向上に努められているような気がします。
「ゲド戦記」はお子様づれでは決して観劇してはいけません。
テーマが重厚なだけに子供にとっては退屈なのです。
家族連れで観に行ける映画。
それがジブリの大きな特徴であり、家族でありますから当然観客動員数も増えるわけで。

この映画がその傾向に水を差したのならば、それは大変残念なことであります。

そしてこの映画の酷評は皆々様に愛されているジブリ作品だからこそということを念頭において頂き、これからも素晴らしい作品を世に送り出して欲しいものです。

ところで小生、テルーの唄のシーンで思わず泣きそうになりました。
恥ずかしいから皆には内緒だよ!w

posted by hirotako at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

伝説巨人イデオン

この映画…観に行きましたよ…。

アオシマのプラモデルも買いましたよ…。
なんかね…胸のところからカプセルみたいなのが出てくるヤツ。

でもお話の内容は殆ど覚えていないんですよね!

小生の心の小人さんが消し去ったとしか思えません。うふふっ!あははっ☆



まさに冨野殺人サーカス!

女子供も容赦なし!

しかし…それは命は皆等価であり、死は誰にでも訪れるのだというメッセージなのかもしれません。
もちろん理解はしがたいですが。

兎にも角にも伝説のアニメであることは間違いありません。
posted by hirotako at 03:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ネバー・エンディング・スト〜リィ〜♪



今日たまたまKBS京都で放映されていました。
懐かしい「ネバーエンディング・ストーリー」

ワーナー・ホーム・ビデオ ネバーエンディング・ストーリー (84米)監督:ウォルフガング・ペ...

確か映画館で観た筈なのですがお話を全く覚えておりませんでした。

当時は驚いたSFX技術も今観るとなんだか…ちゃっちいですね。
ポンキッキレベルですね。
ガチャピンの方がよく動いてくれそうです。

構図もアトレイユ役の美少年ノア・ハザウェイのアップばかりで、辟易しますが
腐女子ご一行は将棋倒しで萌え殺しといったところでありましょうか。
主人公のバスチアンは確かにオタクっぽい風貌でいじめられっ子の風体は古今東西意外に変わらぬものかもと思いました。

幼ごころの君…は流石に可愛らしい…よりも既に高貴な美しさが漂っています。
彼女を演じたタミー・ストロナッハの映画出演は今のところこれのみというのもすごいお話。
現在は振付師としてご活躍中とのことです。

あ…思い出しました。
友達が初デートで緊張するから影で見守っていてくれと頼まれて、
ストーカーのように付かず離れずでデート中の彼氏彼女の後をついていった酸っぱい思い出が。
その時この映画観たんやったあw
楽しそうに笑って会話する二人。
それに引き換え、これはいったいどんな刑罰なのだろう…と思わず空を見上げる小生。
…京極の中やから空すら見えへんわ。

まさに「はてしない物語」でありましたねえ…。
posted by hirotako at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

ZGV☆星の鼓動は愛☆

Zガンダム星の鼓動は愛観に行ってきました!

いやあ富野監督は要するに
ZZを無かった事にしたかったのですね

この映画の主役は
カミーユでもシャアでもましてやシロッコでもなく
間違いなく
ハマーン様!

気高く美しいジオンの摂政が練りだす
極悪な策略にもう…

うっとりです!

ジオン再興の一途な彼女のベクトルの前では
呆けた連邦の奴等など
所詮屑にしか過ぎません。

兵の信頼も厚く、大柄の男達に
的確に指示を与える凛としたお姿。

そして特に新作カットの
月夜のトリカブトのような妖しい輝きに
小生…心奪われてしまいました!
素敵すぎます!

あ、ストーリーですか?

もう、どうでもよろしい!

初めから破綻しているストーリーに
期待するほうが間違いです!

ではZガンダムの魅力はいったいなんだったのでしょう?

それは監督の生み出す素敵なキャラクター達。

皆が皆まともではありません。
しかし、それは強烈な個性の証。
監督ならではのキャラ立ちにグッとくるのではないかと思います。

こいつらを殴りたい…カツ、レコア そしてサラ
この人たちに殴られたい…ハマーン様、エマさん…そしてセイラさ〜ん

ラストのメッセージ・・・
それは
手に触れることができる生身の人間を大事にしようよ…
と云う事ではないかと小生は感じました。

とにかくマシュマー・セロの気持ちが良くわかりました!

ハマーン様最高です!

あっ!だから富野監督は

ZZを無かった事にしたかったの

だってば!

おまけ:Zガンダムオープニング!かっこよかったなあ

posted by hirotako at 21:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

なんとデスノートが!

週刊少年ジャンプで好評連載中の
ホンマに少年誌でこんなサスペンス連載してええんですのん?
という素敵漫画のデスノートであります。

dethnote.jpg

注☆内容はちょっぴり異なります

そのデスノートが、なんと実写で映画化!

ライト役はなんと藤原竜也!

HCLー129 藤原竜也カレンダー2006

妻は既に観に行く気満タンであります!

…出来ればやめて欲しい…(T_T)

あっ!小生はLが大のお気に入りでありました…。

L.jpg

合掌もうやだ〜(悲しい顔)
posted by hirotako at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

チキン☆リトル

【PS2】ディズニー チキンリトル

観に行ってきましたよ!

チキン・リトル!

小生の息子は映画が大好きでありまして、
月に一度は映画に連れて行ってやりたいと思っている次第であります。

猿のほうが落ち着きがあるのでは?
と思われる小生の息子でありますが、
スクリーンにジッと見入り、口を半開きにして、眼を動かしている様は
これ以上ないと言うかわゆさであります。

さて、この映画。父子の物語ということで否応なしに期待も高まるというものです。

さあ!始まり始まり〜!

…すんません…
少し寝てしまいました。

いや!いいお話だとは思いますし、チキンリトルはかわゆいのですが…。
やはり、トイストーリーとかのほうが面白かったかなあ〜…と。

「父子の対話が必要だ」
「息子を信頼してあげよう」

ええ!そうですよね!
息子は大喜びで「ちきんりとるかわいかった〜」
と走り回っておりましたし。

「おとうさん。じぶんのことばっかりかんがえていきてたらあかんで」

と常々、息子(6歳)に叱られている小生…。

息子を信頼する前に息子に信頼されるほうが先決であります!

とにかく「かわゆいものすき」な方ならお勧めのまあまあ素敵映画でございました!
posted by hirotako at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

クラッシャー☆ジョウ

クラッシャージョウ.jpg

すんません…爽やかなジョー…ジョウってこのことでした。
ほんまにすんません!

話の内容などは1_も覚えておりませんので、
懐かしさもあり、早速レンタルビデオ屋さんに走ったのでありますが、
ビデオがいっぱいありすぎて見つかりません!
そういえば、ケロロ軍曹を探すのにも一苦労した覚えがございます。

1983年…もう20年以上前の作品なのですね。
豪華な参加ゲストの顔ぶれにもびっくりであります。
大友克洋、吾妻ひでお、いがらしゆみこ、いしいひさいち、高野文子、高橋留美子、竹宮惠子、とり・みき、鳥山明、細野不二彦、御厨さと美、和田慎二…。
金田バリはありましたっけ?あったようななかったような…。
安彦良和氏が心血注いで作り上げたのにも関わらず、あの頃の評価はイマイチだったような記憶があります。おそるべし!原作ファン!

そういえばこんな漫画もありました。

クラッシャージョウ●サンコミックス★初版★全1巻 高千穂遥/作・細野不二彦/画

そして…アルフィン…大好きやったで〜♪

アルフィン.jpg



posted by hirotako at 01:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ついに映画化であります☆

ついにというか
やっぱり…
天使のように純粋な小さいおともだちも、酸いも甘いも噛み分けた大きいお友達も待望の
ケロロ軍曹映画化であります!
2006年春休み!
っつうことでどっすか?

【税込・新品】ケロロ軍曹 2ndシーズン(1)
な・なつみがでかいスクリーンに!
ケロロ腕時計 ギロロ
ギロロ伍長が腕時計に!
posted by hirotako at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

鋼の錬金術師「シャンバラを征く者」

ついに公開!
鋼の錬金術師映画
「シャンバラを征く者」!

しかし…息子は行きたくないと言う。
「こわいからいややねん」
…正解!
だが息子よ。君の好きなゾロリはいたずらの天才じゃなくて
原作では「いじめの天才」なんだよ!
そっちのほうがこわくないか?
原作とアニメはちょっぴり違う。
でも、それぞれに魅力があって素敵だと思います。
ハガレンアニメの魅力はずばり!
綺麗な画と躍動感ある演出だと思います。
OP、EDなんて今見ても鳥肌立つくらいカッコイイですものね!

仮面ライダー響鬼 ライダーヒーローシリーズ4 「仮面ライダーヒビキクレナイ」
どうしても観にいきたかったので乗り気でない…むしろ嫌がっている息子をこれで懐柔!
「わ〜い!いくいく!」
あまり、教育的に宜しくないが、背に腹は変えられない!
MOVIX京都へ妻子を引き連れて行ったのでした。

映画の感想ですが、
良くがんばりました!
といったところでしょうか?
ファンの方なら観ても損はないと思いますが
いきなり観てもきっと訳がわかりません!
ビデオやDVDでちゃんと予習してから行くべきであります。
テレビ版のラストから、ナチがらみの話にはなるだろうな〜☆
とは思っていたのですが、うまくナチ臭さを消している…つまりナチは絶対悪なんだ!
とかそういうメッセージではなく、歴史の大きなうねりの一つとして捉えられており、
好感が持てました。
はっきり言ってテレビ版のラストで物語は十分完結していると思っていましたし、
原作も続いている以上、あれがベストじゃないかな〜と思っていましたし、映画を観た後でもその考えに変わりはありません。
ただ、この映画はファンの熱気がつくらせたようなものというのもありますので、お話を作るのも大変だったと思います。
そう思えば、うまくまとめているな〜と感心いたしました。
エヴァはラストに満足しなかったファンに対しての庵野監督からの「おまえらそんなアニメばっかしみてていいのかよ?」ってメッセージに見えましたし、
Zは破綻した話をもう一度、やりなおす監督の意気込みが…あまり伝わってきませんでした。
そういう点で、少なくとも小生には鋼の錬金術師はいたってまじめにファンの方々を歓ばせてあげたい!という製作者の熱意が感じられました。

あっ!息子にも感想を聞いてみましょう!
「やっぱりこわかったからちょっとないた」…すまん…息子!
お詫びに帰りはMOVIX京都隣のレストランでお子様ランチをご馳走しました。
ここは映画のチケット半券もっていくと10%OFFなのでちょっぴりお徳ですよ!

あっ!ちなみにその日の客層は親子連れが小生達のみ
あとは…いえ素敵な若い女性の方々が8割といったところでしょうか?
平日なので十数名のお客さんしかおらず大変空いておりました。
この映画のメッセージのひとつに「世界ともっとかかわるべきだ」というのを小生は感じました。
ヒキコモリの諸君!広い映画館もいいものですよ!
また「鋼の錬金術師」アニメビデオ借りてこよっと☆

アニメーション/劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 オリジナル・サウンドトラック●3000...

posted by hirotako at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

新訳Zガンダム☆星を継ぐもの

行きました。
星野を継ぐもの…岡田監督には継げなかったよ…。
星を継ぐもの
疲れましたよ☆
MOVIX京都は大変素敵な映画館で
椅子もしっかりしており、ゆったり鑑賞できるのでありますが、
「なんだこの不快感は」byジェリド
そんな気持ちでいっぱいです。
Zガンダムは後半から破綻していったお話だったと記憶していたのですが、
初めから破綻していたのだということが今回の映画でよ〜くわかりました。

あっ!ザクがやられちゃった!じゃあ新品のタンクと合体してつかえるようになんないかな〜
と出来上がったザクタンクのような映画でありました。

この作品が送り出されたのが早すぎたのではなく、結局時代の潮流に乗れなかったのです。
Gackt氏は大変格好良く素敵なミュージシャンなのですが、
この映画には合わないと思います。
オープニングで曲が流れてきたときすでに嫌な予感が脳裏に走りましたから。

でも良いところもそれなりにありました。
やはり新作カットは大変綺麗で新たに描き起こされた戦闘シーンは美しく迫力があり、
人物も生き生きとしております。逆にいえば旧カットがやはり現代のクオリティでは見劣りしてしまうのがはっきりしてしまうわけです。それは絵柄の問題だけでなく、構図や演出も含めてアニメーションの出来としてだから致命的です。
カイさんファンの小生としては思ったより登場していたので安心いたしました。
このカイさん、折角ルポライターでスパイという役割りなのですから、例えば彼を語り部にするとか、新しい工夫もあってよかったのではないかと思います。
…良いところそれなりにあったのかなあ?
あっ!予告編で仮面ライダーTHE FIRSTと鋼の錬金術と響鬼&マジレンが観れたからよかった!仮面ライダーかっこいい!早く上映しないかな〜☆

…Zのお話でしたよね☆
あっ!予告編といえば次回は「恋人たち」というタイトルだそうです。
なぜか、ちょっと失笑しそうになりました。
でもきっと観にいっちゃうんでしょうねえ(笑)

★ 映画『機動戦士 Zガンダム』公開記念 今ならプレゼント付き! ★ MG リックディアス ...


posted by hirotako at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。