めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年09月24日

ダンパラ♪ミニゲームで遊んで遊んで〜☆



なかなか素敵なオンラインゲームであります!

華麗なステップとファッションでキメキメ

ええ!クラブは大好きですがステップもファッションも駄目駄目なんです(泣)

でもまた遊びに行くもんね〜!てへっ♪
posted by hirotako at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

第一・第三水曜日は!

平日深夜なのになんでこんなに人がわんさかいるんだッ!!気分が味わえる素敵イベント☆

それが!それが!!

メトロ・メルテッディン・クラブ・エィティーズ・フェノメノンだッ!!!!

そいつに触れることは踊り死を意味するッッ!ドッギャーン!!!!

というわけで毎回翌日は二日酔いと筋肉痛のフュージョンに苦しむ小生でありますが、普段からこの体操で鍛えれば問題なしであります!

rj3.jpg

↑文芸ジャンキーパラダイスのジョジョコーナー…呆れるくらい面白いです!

もう朝からジョジョ立ちしちゃった!てへっ☆

と寝言を言える素敵な紳士になりたいものです。

それではスタッフの皆様と素敵友達♪楽しい一時をありがとうございました〜☆
posted by hirotako at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

彼方が私にくれたもの♪

マ〜ジ・マジ・マジ〜ロ〜

いや!もうほんまにありがとうございます!本当になんて素敵な呪文なんでしょうw





などのゲームも頂きました☆

ほんまにもうありがとうございます!
退かぬ・媚びぬ・省みぬ←w悪役目指して頑張ります!



ジッタリン・ジンの「プレゼント」♪
大変素敵な曲なのですが、ヒット曲がキャッチ−すぎると次が難しいのよねえ☆

兎に角素敵な一年になりそうです。

ありがとうございました〜☆

posted by hirotako at 13:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

鳥肌実☆とMISS冴島♪

鳥肌実 42歳 厄年w

レコード屋で彼のフライヤーを始めて見たとき、
あまりの素敵っぷりに眩暈を感じたものでございますw

いかにテントがCMに起用され、HGがお茶の間に受け入れられるようになった時代とは言え彼がCMなどに登場する日はないのではないかと思われます。

だってネタがこれだものw

ギレン・ザビ 享年 36歳w



鳥肌実とは演説つながりで口パクも吃驚するほどぴったり

全くの余談でありますが、小生とは冴島奈緒つながりでありまして☆

いやああ☆冴島先生もう好きで好きで大好きで!

高校時代は大変お世話になりましたあっw

知的で鋭い眼差しが印象的なその美しさは20年前と変わらず、それどころかますます磨かれておりました。

ライブの模様はコチラ

オフィシャルHPはコチラ

体調を崩されているとのことですが、早く良くなってまた鳥肌実先生や小生を(´Д`;)ハアハア いわせて頂きたいものです。
posted by hirotako at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

どっちだっていいじゃないか!?





おとこのこ☆おんなのこ♪どっちだっていいじゃないか!

もうほんまにこの手の発言には辟易しております。

この子の方がずっと賢そうであります♪

兎にも角にも世知辛い記事ばかりですので、明日はオメデタイ報道で紙面を飾って欲しいものです。
posted by hirotako at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

人形使い?ネットの海は広大だわ♪



こ・恐い〜…。

しかし、本人が満足ならそれで良いのでしょう…。
誰にも迷惑をかけていないわけだし…。

かなり不気味ではありますが…。
posted by hirotako at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

廃墟彷徨

廃墟彷徨

小生が子供の頃、フィールドアスレチックって遊び場が流行っておりまして。
山中に丸太でつくった遊具を並べ、順番に子供に遊ばせるというまあ、初期費用も維持費も安いチープな山中遊園地といったところでしょうか。
しかし、ロープにつかまり滑車で滑り落ちていく爽快感や、丸太から落ちないようにわたっていくなどといった身体を使った遊具は子供達の心を捕え、
結構繁盛していたものです。

ただ、飽きられるのも早かった。

小学校のすぐ近くの山中に出来たフィールドアスレチックも忽ち進入禁止の張り札が。
そんな張り札一枚なんの効果もあるはずがなく、仲間と忍び込んで遊んでおりました。

うち捨てられて数ヶ月も経たないにも関わらず、人の気配を失った遊具たちは見る見るうちに苔むし、朽ちていきました。
緑と同化し、消えていく人の証のような不気味な気配を感じ、そろばん塾のために一人で山を降りなければならなかったときは大した距離でもなかったのですが、
口から飛び出しそうな恐怖感に怯えながら、転がるように人の世界の接点に向けて走った記憶がございます。

当時子供達を恐怖のどん底に叩き込んだ「口裂け女」に怯えていたことも事実であります。
「ポマード!」とか言いながら走ってたしw

さて、この本

「廃墟彷徨」

全くタイトルに偽りなしの、廃墟の写真集であります。
建造物にとって人は魂のようなもので、それが抜けていくとかくも無残に朽ち果てていくのか…と実感させられます。
そう…死体のように。

旅館、ラブホテル、食堂、ドライブイン、学校、遊園地。

時に悲しく、時にはかなく、そして人間の営みの果てを示す不気味な廃墟の数々。
緑が、雫が、人間の狼藉が、夢の跡を破壊していく。

しかし、時折見せるその幻想的な美しさ。時の流れの中に一瞬だけ輝く夢の欠片たち。

書店で見かけたら、是非手にとって見ていただきたい写真集であります。

その後で熊田曜子様のセクシー写真集の表紙だけでも見ていただいたら、また格別の味わいがあること請け合いであります。


posted by hirotako at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

CLUB80sでキショップ踏んだよ☆

京都を代表する素敵平日イベントCLUB80sに遊びに行きました。

もうすぐ午前2時…。
前日もMステ参戦していたのでどうするか迷ったのですが
結局行っちゃいました☆てへっ

外人さんの多さはまるで物量で攻める連邦のボールたんとジムたんの様。
その中をいくゴーストファイターヅダhirotako♪

…最後は爆発でありました。

IMG_1020.jpg

金魚アロハを着た右手が小生であります。

写真モロ斬られてますねえw

斬ったね?!親父にも斬られたことないのに!

…妻子にはそろそろ斬られそうであります。
posted by hirotako at 04:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢という名の列車☆欲望という名の列車♪



野球が好きで好きでたまらない。

萩本欽一師匠が搾り出す一言一句にその想いが溢れ、零れ落ちていた。
涙の雫の音が聞こえてきそうな胸打たれる会見であった。
全力で責任を全うしようとする大人の姿がそこにある。

いや…彼は本当に人間が大好きなのだ。

小生の世代の所為もあるのであろうが、スポーツとしての魅力はさて置いて野球を知らぬ小生でも知っている
例えばベイ・ブルースの入院少年に捧げたホームランや
星野監督の癌女性に誓った優勝など、ヒューマニズムな逸話はサッカーより野球の方が多いような気がする。
おそらく気のせいであろうが。


BW_Upload_murakami.jpg
お金が好きで好きでたまらない。

村上世彰先生が搾り出す一言一句にその想いが溢れ、零れ落ちていた。
金の落ちる音が聞こえてきそうな胸糞悪い会見であった。
全力で責任を誤魔化そうとする大人の姿がそこにある。

いや…彼は本当に株主が大好きなのだ。

そもそも、心から野球を愛し、地域密着・人との交流の手段にしようとした嘗て時代を制した偉大なるヴォードビリアンと、野球を只の金儲けの手段として利用し球団買収に明け暮れた、時代に乗りそこなった守銭奴を比べるのがそもそもの間違いか。
…すんません♪いい過ぎました。

これからどうなるか判らない茨城ゴールデンゴールズでありますが、次の夢列車に是非乗車していただきたいと思います。

naa.jpg

「さあ…欽ちゃん☆一緒にキャッチボールをしないか?」
posted by hirotako at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

スッキリ!はしていない



それでも狂犬は相方と呼んでおりました。
そして欽ちゃんは夢列車を降りました。

先日、吉本海外新喜劇上演の記者会見で天才板尾師匠が
「ぼく、国外出られるんやろうか?」といった旨の科白で笑いを誘っておられました。

小生も笑った。

まさにギリギリの科白。

片翼をもがれた「極楽とんぼ」は芸能界というギリギリの三途の河を渡りきることなく散りました。

野球を愛し、酒を愛し、女体を愛した広島馬鹿よ。

笑いをありがとう。
そして、さようなら。

posted by hirotako at 13:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

素敵息子のリク絵

image/hirotako-2006-07-19T19:19:29-1.jpgハムハムたんより表紙の絵を素敵息子に描いてほしいとのご依頼を受け、出来た絵であります。

「めっちゃパンツの好きなお兄ちゃんが本を作るからその表紙を描いてほしい。
男の子と女の子が遊んでいる絵だよ」
と息子に伝え、仕事から帰ってみるとテーブルに作品が置いてありました。

その仕事の早さ福屋工務店級であります(@_@;

あと数枚描いてもらう予定なのでまた投稿しますね(^_^)b
posted by hirotako at 19:19| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

素敵息子の絵

image/hirotako-2006-07-14T20:23:45-1.jpg

いやあ☆小生の素敵息子の描いたドラゴンボールのポタラ悟空であります(^_^)b

なかなか上手だと思います☆

ん?何かお囃しが聞こえてきた☆
はっ!これは…

親馬鹿音頭!
posted by hirotako at 20:23| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

エゴイスト☆

エゴイストとは、他の人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のことで個人主義とはまた別モノだそうであります。(ウィキペディアより)

若い輩が原チャリでノーヘル二人乗りで信号無視をしつつ、交差点を曲がっていくシーンを目にする季節となりました。
夏ですね!
小生にとってエゴイストとはまさに彼らのような存在でございます。

一見好き放題にやっているのかもしれない。アクセルを吹き鳴らし、周りの全てを睨みつけながら走りさって行く彼ら。
いえいえ実は違います。
だって我々、車に乗っているのだから極論すれば彼らを轢き倒せるわけなのですから。

纏わりつくハエが鬱陶しいけれど、手を汚すのが嫌だから放って置く。
これもまた極論ですが、まあそんなものであります。

よって小生にとってエゴイストだと自称されることは
「俺…好き放題やって皆に迷惑かけてるけど、許してもらってる矮小な存在なのよね」
と吐露してもらっているのと同義なのです。

人間は社会的規範をつくり、その薄氷のように危うい盆の上で生きている。
好きなようにやっているようで、その実…大多数の人間達はその盆から滑り落ちることを恐れている。
むろん小生もその中の一人。まあ…ちっちゃいものです。

だからこそ真面目にコツコツ積み上げていく人々の人生は尊いなあなんて常々思っているわけです。
全く真似できませぬが。

もう京都は祇園祭。
エゴイストたちよ。
頼むから祭りを滅茶苦茶にするのは止めておくれよ。
posted by hirotako at 21:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

素敵息子の授業を参観してきたよ♪

幼稚園時代はうろうろ〜うろうろ〜して
全く集中力がなかった素敵息子たらーっ(汗)

鶏のほうが集中力があるのでは?

と自分の事はさておいて、かなり心配していたものです。

しかし小学校の担任の先生が非常に熱心な良い方で。

その御蔭なのでしょうか。ちゃんと座って七夕飾りを一生懸命作っている…。

感動しました。

いや些細な事かも知れませぬ。
しかし、小生の素敵友達も常々申しておりました。

まずは椅子に座って机に向える事が大事なのだと。

ところで担任を補助する「まなびのせんせい」というサブ教師が居られるのですね。

その先生…小学校高学年くらいにお若く見えて
最初は…上級生が教えに来ているのね…と大変失礼なことを思っておりました。

命を立てたり、志が同じだったりする魅力的な小学校が出来ましたが、素敵息子にはうちの学校が合っているようです。
本当にいつもお世話になっております。

教室のボードには小学校らしく絵やプリントが掲示されており、大変微笑ましい光景でありました。
そのプリントの中に植物の観察日誌があったのですが、素敵息子が面倒を見ている花の命名。

ゴテンクス

きょうはごてんくす、げんきがありませんでしたが、ひりょうをやったらなおりました

の一文にはかなり笑いました。

素敵息子やお友達もどうかゆめをいっぱい詰め込んですくすく育って欲しいものであります。SPARKING!





posted by hirotako at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ゴルフにいったけれど…

また…ボーリングのようなスコアを叩いてしまった。
原因はいろいろあると思いますが、とりあえず
グリーン周りから見直していきたいと思います。
嗚呼…いったいいつになったら100切れるのでありましょう。

ダイヤ TR-407 ベタピンアプローチダイヤ TR-407 ベタピンアプローチ
販売元 : Amazon.co.jp スポーツ
価格 :
[タイトル] ダイヤ TR-407 ベタピンアプローチ
[ブランド] ダイヤ

■商品紹介■
画期的。どこでもアプローチの練習ができる<..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by hirotako at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

好きな名前を書いてね

hirotako.bmp
posted by hirotako at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

呪縛の島の魔法戦士

ロードス島戦記

小生、「ロードス島戦記」が好きで好きで大好きで。
月刊コンプティ―ク誌上でのテーブルRPGの連載も面白かったですねえ。
戦士見習パーンとエルフのディードリットがロードス島という呪われた島で数々の仲間と共に繰り広げる冒険の数々。
灰色の魔女を倒す旅の中でパーンは成長し、屈指の騎士となっていきます。
ストーリーも秀逸で文章は大変解かりやすく、夢中になって読んだものであります。

さて、小生の心のオアシス「BOOK OFF」をゾンビの様にうろうろしてサーチしておりましたら

呪縛の島の魔法戦士

こんな本を見つけましたので、さっそくデストロイ!

魔法戦士リウイシリーズは未読なのですが、非常に解かりやすいお話で結構楽しめました。
なによりパーンとディードが登場!そして大活躍!というだけでもう大満足なわけですよ☆

それにしても横田守画伯のディードリットはなんだかエロいなあ!
ブチ画伯のどぎつい眼のディードももちろん大好きですし、こちらの方がエルフっぽいかな?

あ!アニメにもなっているのですね☆
今度観て見ようっと!

posted by hirotako at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

14番目の使徒☆素敵飲み会☆



いやあ☆先日は素敵友達と飲みに行っておりました!
もうな感じだったわけですよ!

お酒を飲みながらいろんなお話を聞きました。

再起動!!キターー(゚∀゚

人生の再起動☆それは強く願ったものだけが叶うシンクロ率400%の世界(なんじゃそりゃ)

世界が平和にならぬなら、せめて小生とつながっている人々に平穏を。皆がそう願えばそれはシンクロ率400%の世界(ってもういい?)
posted by hirotako at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

USJに行ってきたよ!

昨日はUSJに行ってきました。
いやあ☆実は小生ここ大好き!

スパイダーマンでうひ〜♪

バックトゥザフューチャーでどひ〜♪

そして夜8時…。
飛んでる…ピーターパンが飛んでいるよ!
うふふっ!あははっ!

実はいつもは高速道路を乗り継いだり、電車で行ったりしていたのですが、
全部下の道で行ってみよう☆企画で…。
高速なら2時間で着くところを迷いまくって4時間ほどかかったから、もう到着時にはナチュラルハイ&トリップ状態なわけですよ!

そして小生…昨日「萌え」という感情が初めて理解出来ました。

バックトゥザフューチャーを乗り終えて暫く呆然としていた素敵息子。

こわかったよう〜☆と泣き出すその瞬間が(いやこの乗り物ぜえんぜえん怖くはないんですけど…)

☆萌え☆

…次はジョーズで楽しもう!

そして帰り道。
もう少しで…。
奈良に到着するところでした。

いやあちゃんと地図とか持っておかないと駄目だな〜と思いました。
とにかく素敵な一日をありがとうUSJ!





posted by hirotako at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

北斗のZガンダム



YOUはシャ〜♪

確かに!w
posted by hirotako at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。