めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2005年11月30日

「子連れ狼」

好きな漫画は数あれどもっとも夢中になった漫画を一つ選びなさいと言われれば
「子連れ狼」を選びます☆

裏柳生の陰謀により、すべてを失ったかに見えた水鴨流の使い手である公儀介錯人
「拝 一刀」だが、彼には死生眼を持つ息子が残されていた。

刀と鞠を我が赤子の眼前に置き、
鞠と戯れたなら死を
刀を選んだなら共に冥府魔道の復讐の旅路へ…

壮絶な父子の物語でもあり、生死の際の物語でもあり、
冥府魔道の旅路で出会う信念の炎の中に照らされた人間愛の物語。

まさに名作中の名作といっても過言ではありません。

ドラマや映画にもなりましたが、再びドラマになるのなら是非

藤岡弘氏に拝一刀を演じていただきたい。

めっちゃかっこええと思います。

剣客「子連れ狼」
文庫にもなっておりますので、是非!

あっ!続編は無視していただいて結構であります。
posted by hirotako at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 素敵な漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たこやん、おっはようです。
「子連れ狼」はドラマでしか知らないんですけど、文庫もあるんですか、今度読んでみます。

ちょっと前に北小路欣也版の「子連れ狼」が放送されてましたけど、ぱげ的には萬屋錦之介版「子連れ狼」が大好きです。

ちゃん。

大五郎…

この台詞、たまりません。

拝一刀を藤岡弘、で…と考えるたこやんには脱帽であります。
確かに、拝一刀はこの人をおいて他にはいないでしょうね。
でも、殺陣の時に怪我人続出かもしれませんね。
だって、普段から真剣振るってますもんね。

また遊びにきます。

ぱげ
Posted by ぱげ衛門 at 2005年11月30日 10:12
ヒトヒトピッチャンに漫画があったんですねぇ…。
初めて知りましたw
字だけの本は苦手なので、漫画版を探そうと思います^^;

さて、話しは変わりますが京鬼の5話を開始しました。今回は過去篇ですw
宜しければ、お読み下さい(^^♪
それでは、また来ます(^.^)/~~~
Posted by sunafkin at 2005年11月30日 21:13
なんと映画では田村正和氏も拝一刀役やってたんですよね〜☆イメージちが〜う!
やっぱし漢臭っ!って役者に演じて欲しいですね。
その点でもぱげやん大好きの藤岡弘氏はぴったりだと思います。あっ!真剣は撮影中はダメですよ〜♪
コメントありがとうございました。
また遊びにきてくださいね〜☆
Posted by ぱげやん☆いらっしゃいませ〜 at 2005年12月02日 00:52
京鬼早速読ませていただきました。
続きが楽しみでありますよ〜☆
さて、子連れ狼でありますが実は単なる復讐劇ではありません。まさに侍の士道を問う物語。てなわけで活字もヘタな小説より多いのであります。でもハマると思いますよ〜☆
実はおっちゃん雑誌に続編が連載されているのですが…とほほであります。
コメントありがとうございました。
また遊びにきてくださいね☆
Posted by スナ殿☆いらっしゃいませ〜 at 2005年12月02日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9982847

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。