めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年08月03日

DAICON版「帰ってきたウルトラマン」ダイジェスト

前にDAICON版「帰ってきたウルトラマン」の事を書いたのですが



案の定落ちてましたわ…

CGって凄いけど、確かに凄いんだけど…こっちの方が凄いって思いました。
CGってどこまでいっても虚構だけど、特撮は虚構の中に現実がある。
破壊されていくビル!家屋!自動車!…そして燃え上がる僕らの街。
その向こう側には情熱に溢れた人間の息吹があった。子供達の心を掴もうとする創造者たちの姿があった.

デパートやショッピングモールでウルトラマンのショウがあります。
子供達はもちろん今でもウルトラマンが大好き!
広いとはいえないステージで繰り広げられるウルトラファイトの中で
確かに子供達は見えていたのです。
スペシウム光線がワイドショットが、エメリウム光線が。

いつしか背中にチャックが見えるようになった時、子供達は少し成長してあの時見えた光線も忘れ去っていくのでしょう。

庵野さん…あなたの目にはあの時の子供達の輝きが宿っていますよ。

ただし変態の輝きも同時点滅でありますがね♪w
posted by hirotako at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。