めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年07月10日

エゴイスト☆

エゴイストとは、他の人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のことで個人主義とはまた別モノだそうであります。(ウィキペディアより)

若い輩が原チャリでノーヘル二人乗りで信号無視をしつつ、交差点を曲がっていくシーンを目にする季節となりました。
夏ですね!
小生にとってエゴイストとはまさに彼らのような存在でございます。

一見好き放題にやっているのかもしれない。アクセルを吹き鳴らし、周りの全てを睨みつけながら走りさって行く彼ら。
いえいえ実は違います。
だって我々、車に乗っているのだから極論すれば彼らを轢き倒せるわけなのですから。

纏わりつくハエが鬱陶しいけれど、手を汚すのが嫌だから放って置く。
これもまた極論ですが、まあそんなものであります。

よって小生にとってエゴイストだと自称されることは
「俺…好き放題やって皆に迷惑かけてるけど、許してもらってる矮小な存在なのよね」
と吐露してもらっているのと同義なのです。

人間は社会的規範をつくり、その薄氷のように危うい盆の上で生きている。
好きなようにやっているようで、その実…大多数の人間達はその盆から滑り落ちることを恐れている。
むろん小生もその中の一人。まあ…ちっちゃいものです。

だからこそ真面目にコツコツ積み上げていく人々の人生は尊いなあなんて常々思っているわけです。
全く真似できませぬが。

もう京都は祇園祭。
エゴイストたちよ。
頼むから祭りを滅茶苦茶にするのは止めておくれよ。
posted by hirotako at 21:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エゴイスト…あちらこちらでこのお題が沸騰しているようでごさいます。

ととまるも何か書こうかと思っておりますが、なかなかこれが難しいですねぇ…。

でもととまるの思う、本当のエゴイストとは人の事などどうでもよい、おのれの信じる道を行く人と思うので、自分がエゴイストなんて自覚もないのではないかと(笑)例)天○総○とか。

まだ「自分ってエゴイストだよな」なんて言ってるうちは青い気がします。
Posted by ととまる at 2006年07月10日 23:07
なるほど!ととまる姫♪
エゴイストにはその自覚がないとは全く仰るとおりだと思います。

そして妻にとっては大概の夫はエゴイスト…。
いやあ…小生もそうなんですけどねw

飲みに行くのが大好きな小生を妻が愚痴ったとき「まあまあ…アレでも家族の一員なんやから…」とは素敵息子(7歳)の弁であります。
Posted by hirotako at 2006年07月11日 13:50
はじめまして。
ビビアンさんの当該TB記事をたどって読ませていただきました。
とてもわかりやすい捉え方だと思いました。
Posted by SAM’s barマスター at 2006年07月12日 15:23
SAM’s barマスター殿☆こちらこそはじめまして。
コメントありがとうございます。
ビビアンさんの記事とコメント欄も拝読いたしました。
エゴイズムと自我を保つことの区別が出来ていない方々が大勢いらっしゃるのにまず吃驚しました。
この世は色と欲の泥池であります。
情などはそこで時折咲く蓮のようなもんです。だからこそ美しい。
これを機に仲良くしていただければ幸いでございます。
Posted by hirotako at 2006年07月12日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。