めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年04月30日

19



当時の素敵友達に紹介されたこの曲☆
かなり衝撃をうけた記憶があります。
星条旗のに輝く栄光と勝利の歴史。
しかし、その影に潜む暗黒の悪夢。
ベトナム戦争。
緑に塗り込められたジャングルで敵兵とまぬけ罠に怯えながら、兵役の義務を果たしていた彼らの平均年齢がこの曲のタイトルです。

大人たちは大義という言葉を口にします。
しかし戦場でそれを支えているのは無垢な若者達なのです。

「まず総理から戦場へ」
世界各地の戦争のニュースを観るたびに、糸井重里の名コピーを思い出します。
posted by hirotako at 04:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 素敵な音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ専用のランキングサイトです。このランキングに登録してくださるブログオーナー様を大募集しています。良ければご自分のブログをご登録お願いします。沢山の人に自分のブログを見てもらおう。
Posted by ランキング管理者 at 2006年04月30日 04:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。