めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年03月05日

SIC仮面ライダー響鬼

バンダイ SIC VOL.32 仮面ライダーヒビキ

3月下旬にいよいよ発売なんですが、
予約瞬殺のSIC仮面ライダー響鬼であります。

驚いたのはSICらしいアレンジが殆どされていないこと。

まさに手の加え様がない完成されたデザインであったことが伺えます。

アームドヒビキに換装可能?

ごめん…それはどうでも良いです。

おもちゃが売れないと激怒していたというバン○イ。
子供向けの太鼓という企画そのものが間違っているような気がいたしますね〜☆

ワルキューレルーン響鬼仕様があったら売れちゃったりするのかな?
ねえ?ホ○ダさん☆


posted by hirotako at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵なおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たこやん、こんばんは。
先日ビデオに録画していた「仮面ライダー響鬼」を何気に見てたんですけど、やっぱり響鬼さんってカッコイイですよね。
平成仮面ライダーシリーズで一番鮮麗されてたように思えます。(余談ですけど、ぱげ妻も同じような事言ってました。)

最終回は中途半端に終わってしまって、是非とも本当の最終回を制作して欲しいものです。

また遊びにきますね。

ぱげ
Posted by ぱげ at 2006年03月05日 21:01
やっ☆こんばんわ
もし響鬼が「仮面ライダー」の名を冠していなかったなら、ひょっとするとシリーズ化してもの凄いことになっていたかも知れません。
そのくらい懐の深い設定なのでありました。
えっと確か小説が出版されていますよ☆
最終回までではありませんが、こうした形でも良いので、あの頃響鬼の面白さを取り戻してほしいものです。
それではまた遊びにきてくださいね〜☆
Posted by たこやん→ぱげやん at 2006年03月06日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。