めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2005年12月02日

有象無象の区別なく、私の弾頭は容赦しないわ

月刊「YOUNG KING OURs」に好評連載中の
「HELLSING」
反キリストのフリークスどもを一掃するために設立された王立国教騎士団
通称「ヘルシング機関」の活躍を描くこの漫画。

おそろしくトチ狂った話で小生大好きであります!

この話の台詞回しは素晴らしく韻が踏まれ、まさに

名言の宝庫集でございます!

その中でも小生のお気に入りなのが
「有象無象の区別なく、私の弾頭は容赦しないわ」
この台詞と共に音速でとぶ戦闘機ですら打ち落とすナチスの最後の生き残り部隊の
「魔弾の猟師」女吸血鬼リップバーン・ウインクル大尉。

はあ〜めちゃくちゃかっこええ!

一応、眼鏡ッ娘であります!

リップバーン.jpg

そしてヘルシングの名台詞を集めたスレッドがございます。

原作に忠実なアニメも近日に出るということですが、この台詞回しの魅力をどこまで伝えているか
楽しみであり、不安でもあります!

HELLSING 1〈初回限定版〉


とりあえず原作を強烈にプッシュであります!

Hellsing(7)


ちなみにいつもリップバーン大尉の名台詞を胸にゴルフのショットをしているのですが
まさに魔弾のごとくグワーっと曲がっていき
コースの中心でファー!と叫んでいる次第でございます。

ちっくしょー!ちっ(怒った顔)
posted by hirotako at 13:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘルシング、いつか忘れましたがチラッと見た気が…。
面白げな話しだなぁとは思いましたが、その時は、それで終ってました^^;
そうですか、面白いんですかw
また今度、古本屋で探して立ち読みでもしようかな^^♪

さてさて、ご報告が遅くなりましたが京鬼を更新しましたので、お手すきの時間にでもお読み下さいw
Posted by sunafkin at 2005年12月04日 13:11
最初のうちはなんだただのヘロヘロ吸血鬼コミックかと思われますが、坂を転がるように狂気の度合いが増してきます。作者のコメントやカバー裏なども別の意味でトチ狂ってます。ブックオフで是非!
早速京鬼も拝読しました。続きを楽しみにしておりますよ〜♪
それではまた遊びにきてくださいね☆
Posted by スナ殿〜☆いらっしゃいませ♪ at 2005年12月07日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10094348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。