めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年09月22日

ゲド戦記♪

ここまで書かれているならきっとZ以上の反省会が出来るに違いないと
覚悟完了で観に行ってまいりました。

結論と致しましては
そんなに悪くないと思いましたよ♪うん☆
ってところでしょうか。

酷評のポイントを纏めると主に以下の点でしょう。
@これはゲド戦記ではない。ましてやシュナの旅などではない。
A画質・演出が共にペケ☆
Bぼそぼそとした科白。声は声優がアテるべきだ。
Cシナリオが大ペケ♪テーマが全く見えてこない。

小生@についてはゲド戦記の原作を拝読したことがございませんので言及は避けますが、確かに全く異なったお話のようですね。
特に父親との関係については全く逆で、このシーンは不必要であったのではないでしょうか?
まずこれで観客はものっそい不快感を覚えます。
エヴァ映画版の白濁液シーンに匹敵するインパクトでありました。
そして観る前はあの名作「シュナの旅」をクレジットで流すなど……と怒り心頭だったのですが、
ああ……これはパロディなのね!と暖かい目で観ることができました。
本当にシーンのパロディでありました。腹を立てるレベルにも達していません。

Aについてでありますが、これは・・・・・・素人さんにそれを求めるのは酷とも言えますが、大事なお金を払って観に行っているわけですから
観客の皆様は納得しないでしょう。ただ小生も素人なわけですから演出に関しては不快感を覚えるほどの審眼は持ち合わせておりませんでした。
ただ場面転換はあまりにも唐突でそれは素人目にしても、もう少しなんとかならなかったのか♪と思いました。
まったくの余談でありますが「逆襲のシャア」で作画が乱れていることについて、某監督は
「だって時間がなかったんだもん」という旨の大変素敵なコメントを残されております。
それに宮崎駿氏はもはや人間国宝で、いきなりその域を求めるのもちょっと可愛そうです。
そう、ジブリの問題点はやはり後継者が不在ということなのですね。

B上映期間も終盤に差し掛かっている所為なのか、観客数がそれほど多くなかったので科白が聞き取りにくいことはなかったです。
むしろ役者サンたちはみな頑張ってた〜♪と感じました。菅原文太氏の存在感は特に際立っておりました。
この点では小生特に不満はございません。

Cシナリオは大変判りやすいです。テーマは「生命と死」
紡がれる命こそ真の永遠の命なのだということと、命はいつか消えていくものだからこそ精一杯生きるべし、それが生命を大切にするのだということなのであります。
「今日は死ぬのにもってこいの日」
これは生き抜いた人々に許される当に至極の言でございます。
そして死があるからこそ新しい命が生まれてくる。
世界の均衡は神の手によって保たれております。
幸せの量は一定だとするならばそれはどのように分散されていくのでしょう?
今日彼方が幸せな日はきっと誰かが不幸な日。
だからこそ幸せを噛み締めて小生日々有難く暮らしております。

ただ、シナリオが説教くさい感は否めません。
小生、もうすっかりええ歳なんでw特に気になりませんが、世代によっては反発感もございましょう。

この映画に欠けているものはなにか?
それは疾走感だと思います。
テンポ良くお話を駆け抜けるワクワクするような抑揚感、つまりエンタメ性ですね。
お父さんの演出やシナリオはこの辺がまさに秀逸でありました。

ところで命の尊さを扱っているアニメに
「ブラックジャック」がございます。
手塚治虫大先生の原作は人間の愚かさや壮絶な復讐劇が内包されておりますが
ご子息の手塚眞氏はそこらへんをバッサリ切り落とし、ゴールデン枠に相応しい親子で楽しめるエンターテイメントの向上に努められているような気がします。
「ゲド戦記」はお子様づれでは決して観劇してはいけません。
テーマが重厚なだけに子供にとっては退屈なのです。
家族連れで観に行ける映画。
それがジブリの大きな特徴であり、家族でありますから当然観客動員数も増えるわけで。

この映画がその傾向に水を差したのならば、それは大変残念なことであります。

そしてこの映画の酷評は皆々様に愛されているジブリ作品だからこそということを念頭において頂き、これからも素晴らしい作品を世に送り出して欲しいものです。

ところで小生、テルーの唄のシーンで思わず泣きそうになりました。
恥ずかしいから皆には内緒だよ!w

posted by hirotako at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。