めっちゃ高い自転車で京都市内をうろうろしたいなあ

2006年02月28日

シンプルな学習机♪

息子も、いよいよこの春で小学生☆

ランドセルは妻のご両親が買ってくださいました。
学習机は小生の両親が買ってくれました。

ありがとうございます〜♪

さて、その机を搬入するためにお片づけの最中なのでありますが、
なかなか片付かないものでありますなあ…。

一人暮らしならスパっと捨てるものも
妻の了解
息子の承諾
を伺わねばならず、辟易しております。

シンプル生活を心がけていればこのようなことにはならないのに
妻は100円ショップ大好き
小生と息子はおもちゃ好きと
モノが溢れて来るのです。

小生の息子の机は出来るだけシンプルなものをニトリで購入したのでありますが、

♪北欧パイン材♪ いまどきめずらしいパイン材のイス付き!【0225アップ祭2】【学習デスク・机...

これくらい潔くてもよかったかな〜☆
なんて思います。

そしてご結婚前の皆様方。
今の時代…婚礼家具など後に邪魔になるだけであります。
なぜなら今のマンションや新築一戸建にはほとんど
内蔵家具が揃っているからです。

その予算はライフスタイルが定着してから存分につかってくださいまし。

婚礼家具のお店より安くて機能的な家具はいっぱいありますから。

…そして妻よ…
サイズが合わなくなった服は潔く処分しようよ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by hirotako at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵なグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆ぐりとぐら☆

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

もう名作中の名作であります

「ぐりとぐら」

ぐりとぐら

「食べる喜び」
そして
「おもてなしの楽しみ」
の精神が色濃くにじみ出るこの作品はなんと
1963年に発行されたものでありますから、30年以上も巨大カステラが子供心を虜にしてきたのでありますね!

料理の描写の素晴らしい物語は傑作と小生の中では決まっているのでありますが、
レシピがあったらいいのにねと思います。
実は絵本の世界の料理のレシピはあるのです。

絵本からうまれたおいしいレシピ(2)

映画にもなった「ナルニア国物語」のレシピもありますので、お好きな方は是非チャレンジしてください♪

この勢いで「宮崎アニメからうまれたおいしいレシピ」なんて出来たら素敵ですね〜☆

カリオストロ公爵の朝ご飯とか、ルパンの体力を回復させたじいさんのご飯とか、あっ!とっつあんのカップヌードルすら美味そうだったもんな〜☆

お食事とおもてなしを大事にする生活を
「ぐりぐら生活」通称
グリグライフと名づけて実践していきたいものであります。

それはまた人生の楽しみでもありますからね〜♪レストラン

posted by hirotako at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOODYROMANCE(6)

長く華奢な指を引き抜くと、どっと赤黒い血が吹き出して、こと切れた男は糸の切れた操り人形のように無様に崩れ落ちた。

ちろりと舌を出し、踊るような仕草で指についた血を舐めとる女の表情は恍惚の光を帯びている。

しかし、それも一瞬の事でべっ!と下品に血の混じった唾液を吐いた。


「…待っていた。この時を…」

金色の睫毛が降り、あの時の父の声が蘇る。

…カエラ…我々がここに来て何年になる?

…83年になります…おとうさま… 

ニューヤークの摩天楼の頂点で下界を見下ろす父娘の表情は憂いの影に満ちていた。

…この百年…下郎共の魂の劣化は著しいな…

…おとうさま…狩りに出かけましょう…。お身体に障りますわ。

…お前を魔女狩りの惨禍から救うためにノスフェラトゥの力を得て300年…。

…これでよかったのか?その言葉を飲み込んで父親は愛娘を見つめた。

…おかあさまを魔女裁判でなぶり殺しにした奴等を八つ裂きにしたあの感触…心地よくこの手に残っておりますわ…。

父親はにこやかに嗤う娘の牙を見て言った。

…ヨーロッパへ帰れ…

…えっ?

…森に隠された最高の血と肉とそして魂の狩り場があるという…

…ハーメルンの?…

…そうだ…あのジプシーが造りあげた闇の眷属の城だ。

…おとうさまは?

…塵は…塵に還る…。

魂を燃やす青白い焔が父親を包んだ。

…さらばだ…

崩れ落ちる父親の姿を見つめ、娘は落胆した。

落伍者め!

氷の憐憫と焔の憤怒が交互に入れ替わり、カエラは真黒の翼を広げ、同じ色の夜を切り裂いて、飛び立っていった。

それから数十年…人間にしか見えないその入り口の前にようやく立ったのだ。

「歌の聞こえる方向へ行ってもらおうか」

竦み上がって震えている日本人にそう告げると、これから始まる狩りの事を思い、欲情のあまりに牙を剥いた口元から涎がこぼれ落ちた。

2006年02月27日

トリノおちかれ

参加された全ての国の選手ならびに関係者の皆様。
トリノお疲れ様でした(^o^)

小生は4人で滑るスノボのレースが面白い!
と思いました。一発逆転のある種目は最後までハラハラしますよね!

荒川選手の金で沸く私達ですが、選手にメダルを要求する前にちょっと考えなくてはいけないこともあるような気がするのです。

例えば、安藤選…可哀想にコケた瞬間の写真ばかりで、またスケート嫌いになっちゃうのでは?と心配であります…

あっけいたいのでんちがつづきはまた

posted by hirotako at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャプテン☆ボンバーそしてRG頑張って〜(^o^)

吉本の新兵器…と言ってよいのだろうか?

小生の息子が大好きな「なかやまきんにくん」にそっくりの

キャプテン☆ボンバーw

HG、マシュー南に続く素敵キャラ路線となるか?

あっ!RGも頑張って欲しいなあ…(T_T)

作ったキャラが失敗するとそのイメージが染みつき、ダメージ大なのです。

RGではなく、あのぽっこり体形を生かしQPにすればどうか?

…無理そうでありますねえ(T_T)

posted by hirotako at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

BLOODYROMANCE(5)

深い森を成している木々の枝葉は月の祝福を受けて神々しく輝いている。

その根元にわずかばかり漏れる月明かりと、手元のライトが示す水たまり程度の大きさの明かりを頼りに、もう数刻は彷っていた。

…いったいどのくらい歩いただろう…。

大事な商談で必ず着ていたお気に入りの洒落たスーツは土に塗れ、颯爽とアスファルトを鳴らしていた革靴など全く場違いで、両足は惨めな悲鳴を上げていた。

なぜノコノコついてきてしまったのだろう?…。

深い溜め息を漏らし、汗を右手で拭う。

…!
なんだ…?

微かに、しかし確かに音が耳に入り込んでくる。

「どうした?」
…歌だ…

「…聞こえないのか?」

「どこから聞こえる?」

あちらだ…と指さした方向に月が輝いている。
おかしい?

「…月が…ふたつ?」

「信じられない!お前さんは運がいい!」

その刹那、頬に飛び散った生暖かい雫を感じ、思わず袖でぬぐった。

連れの男の口元は笑顔が張りつき、樽腹の鳩尾から、赤いマニキュアに彩られた爪が艶めかしい、長く整った指が5本飛び出している。

笑顔のまま彼は白眼を剥き、朱い血塊が口からだらりと剥いでて地面に落ちたが、そのいびつな音はもう耳には入ってこない。

ガタガタと視界が震えて来る。

そのブレた世界で妻だった女はニタリと嗤い、今や肉塊となった夫に言った。

…貴方の運はなかったわね…

彼のかわりに響き渡る絶叫でそれに応じるほかなかった。

コメレス☆ご訪問が遅れますのお知らせ

小生は実にだらだらした性格でありまして、趣味は寝ること、特技は眠りにつくことであります(^з^)

素敵息子がこの春から小学生ということで学習机を搬入しなければならないのですが…。

家がくちゃくちゃ〜(>_<)
…夢の島のようだ!

うふふっ☆あははっ!

…流石の小生もお片付けしなくてはなるまい!

…お掃除姐御〜!助けて〜(T_T)

というわけでコメントのお返事・皆様の素敵ブログへのご訪問がちょっぴり遅くなりますが、お待ちいただければ幸いでございますm(__)m

小生皆様のコメント楽しみにしておりますのでこれからもどうぞ仲良くしてくださいネ☆

posted by hirotako at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

Zガンダムエース(^з^)

やったあ☆

Zガンダムエースにカイさんの漫画がなんと2本立て!

カイさんスキーには、たまらない(^o^)

続きが楽しみであります!
posted by hirotako at 07:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

BLOODYROMANCE(4)

古いベンツが月明かりに蒼白く照らされた道を滑るように進んでいく。

叔父貴の撮った写真だ…と手渡されたライカのレンズが捕らえた、色のない城のそれは恐怖による震えの所為なのだろう。
かろうじて輪郭がわかる程度だった。

「想像力が沸騰する良い写真だと思わないか?」

彼を写真家に導いてくれた叔父の話をしながら、禿げた頭をつるりと撫でて、男は少し自慢げにハンドルを握る元モデルだという妻の横顔を見つめた。

その話はもう何百回と聞かされたのだろう。
反射的に口元に笑みを浮かべる事で彼女は夫に答える。

ゆったりした後部座席に背中を預け、眼を閉じても漏れ込む月明かりを手で払いのけた。

その濃密な輝きがフッと消え、ベンツの重厚なブレーキがゆっくりとスピードを削りとっていく。

…音が消えているようだ。

その理由は車を降りて地に足をつけた時に解った。

緑に塗り込められた深い森が、微かな音すら飲み込んで、その色を濃くしているのだということを。

ホリエメール☆うふふっ!あははっ

小泉劇場。

…現在の日本の政治を一言で示した大変素敵な造語であります。

もう一歩進んで

小泉新喜劇というのはどうか?

永田で揺れた永田町。

躍らされたのは国会か?マスコミか?我々か?


posted by hirotako at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

SIC♪「響鬼紅&轟鬼」





3月に発売予定の「響鬼&アームド響鬼」は既に完売状態!

ならば6月の「響鬼紅&轟鬼」はいかがでしょう!

…斬鬼さ〜ん☆なぜ俺と一緒じゃないんっすか?との嘆きが聞こえてきそうです。

ってことは「威吹鬼&斬鬼」なのかな?

是非、「響鬼&ワルキューレ・ルーン」も見てみたいものであります!…無理かなあ失恋
posted by hirotako at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素敵なバイシコー♪ミニウォーカー☆

小生の実家は団地なのですが、

自転車泥棒が結構出没し、大迷惑なのであります!

親父殿もスーパーカブを盗まれ

小生は高校時代に素敵自転車
「白い赤トンボ」号を盗まれて夜中に歯軋りした覚えがございます。
…寝るといつも歯軋りしている(らしい)のでありますが!

ならば折りたたんで玄関におけるサイズの自転車はないだろうかと探したら

【送料無料】【新商品】ミニウォーカー ホワイト 8.5インチ折畳み自転車(アームスタンド・フェ...

これがいいっすね!

折りたためれば〜♪それで〜いいん〜だ〜♪

走れればそれで〜♪いいん〜だ〜♪

(タイガーマスクエンディングの曲調でお願いします)

そのシンプルさが潔い!

ちょっと近所の焼き鳥屋に行くのに重宝しそうであります。

…あっ!自転車の飲酒運転は道路交通法違反でありますよ!

ところで前述の「白い赤トンボ」号でありますが、
数年後…公園で発見されたとオマワリさんから連絡がありまして、
粗大ゴミになって我が家に帰ってまいりました。

キ〜っ!思い出しただけで歯軋りしそうや!
posted by hirotako at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なマシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOODYROMANCE (3)

背中の震えはやがて全身に伝わり、固く握られた拳が乗せられたテーブルすらガタガタと軋んだ。

…なんだ?この話は。全くのデタラメではないか。

森に埋もれる虚城…。
そんな話を追わされる為に自分はドイツまで飛ばされたのか?

ネットと言う虚実折り混ぜられた世界に若い会社を根づかせる為に、メールで指示される様々な企画を現実世界で形にしてきた。

…その仕打ちがこれか…。

じわりと眼前が霞み、転職して勤めた8年間が雫となって落ちてくる。

それが頬に辿り着かぬよう、ビアジョッキをひっ掴むと一気に顎を上げて飲み干した。

「…まあ、信じられないのも無理はないな…」
ビールの泡がついた赤い髭を手で拭い、ウエイターにジョッキを渡してもう一杯催促しながらドイツ人の男は言った。

「…俺もそうだったよ。ナチの衛生兵だった叔父貴の言う世迷い事などな…」

青い瞳が哀れな日本の会社人を見つめている。

「…その写真は俺が撮ったモノだ。今夜は月夜だ…森へ行ってみよう」

その前に…。

このビールを飲ませてくれ、と新しく置かれた5杯目のジョッキに口をつけながら、付け加えた。

素敵過ぎる!☆VW GX-3

紅白出場のエロカッコいいは
【倖田來未】ベスト 〜first things〜/通常盤/2CD+DVD[CD+DVD]
でありますが

車の世界では

gtx3

VWのGX3!

この3輪車はもう素敵過ぎて失神しそうであります!

「キリン」というバイク漫画で
車は女性(子宮)バイクは男性(男根)のイメージ描写がありましたが、

…この車はどうなんでしょう?

三菱の新しい軽自動車「i」が頑張っていると概ね好評でありますが、
もうすこし突き抜けても良かったのではないかと…。

あっ!三菱にはもう後がないから無理ですよね〜♪

じゃあ☆バイクそして車のレース界で栄光の輝きを放つホンダはどうだ!
きっと素晴らしいデザインのレーサーマシンが控えているにちがいない!

…ホンダ・フィットのハイブリットモデル発売…←日経新聞より

あっ…それはそれで素敵なんですけど…。

変身とかチェンジとか蒸着とかしなければ乗れないようなマシンが出てきたらワクワクしますよね!

ただし、ワクワクするだけで買わないとは思いますがあせあせ(飛び散る汗)






posted by hirotako at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵なマシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

BLOODYROMANCE (2)

「確かにあの城はいわくつきだな」

知人の商社マンに紹介された男は、ビールを樽のような腹に流し込むと眉間に皺を寄せてみせた。
怪しい城の買い付けの使いなど御苦労なことだと、その目は笑っている。

このドイツ南西部のラーデンブルクの町並みは、古い歴史の佇まいを残す「なにかありそうな町」ではあった。

茶褐色の岩肌と緑の大地が茜色に染まる瞬間に、捕らえられたその小さな古城の写真に視線を落とす。

ドワーフが建築したのではないか?と思えるほど見るからに堅牢で、装飾のかけらもなかったが、それ故に研ぎ澄まされた美しさがあった。

「この城主と話がしたい。案内してもらえるだろうか?」

「話を聞いていなかったのか?何も?」

「どういうことだ?」

「この城の写真は偶然に撮られたものだ」

「?」

「ビルケナウの森で・パラティネートの森で。そしてアルザスの森で。この数百年、目撃者は偶然にその城を見つけたんだ」

城下には伝説があってな・・・

部長のくだらない話を思い出し、ぞくりと背中が震えた。

2006年02月17日

notitleとBLOODYROMANCE 

no titleはZガンダム系妄想でカイさんとおっさんの会話でお話が進んで行きます。

実はシロッコ実はザビ家の血統なのでは?とカイさんが取材する妄想がきっかけだったのですが、すんごく長くなりそうな上、ラストが決まらなかったのでボツにしました(^o^)

ガンダムエースで一年戦争前のお話を安彦先生が描かれてますが、カイがセイラとネオジオン総帥となったシャアにインタビューして進めていくお話にしたら素敵じゃな〜い!と企画を送ろうとしたのですが面倒臭くなりやめました(^o^)

カイさんのお話は前から書きたいと思っておりましたので、楽しい更新作業でした。

ご意見・ご感想も大変有り難かったです(^з^)
BLOODY ROMANCEはオリジナルの吸血鬼モノであります。
例によって先にラストを考えているのですが、悲劇にするか、そうでない方向にするか迷い厨であります(>_<)またポチポチ更新しますのでよろしくお願いしますね〜☆

posted by hirotako at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

焼きラーメン

学徒の街、京都には若いすきっ腹を手軽に満たしてくれる幾多のラーメン屋がございます。
もっとも全国のお友達に知られたところではギトギトこってりでおなじみの
「天下一品」通称「てんいち」でありましょうか?

夜中に突然食べたくなって原チャリを飛ばしたことものです。

漫画家「寿五郎」wもこよなく愛したラーメンなのです。

「味がさね」にするか「こってり大」にするか?
それが問題だ!

さて爬虫類なみの冷血動物の小生にとって冬に欠かせない鍋といえば
「水炊き」
ああ…思い出すだけでもうたまらない…とりあえずビール!ビールや!

そんな素敵お鍋の発祥の地。
博多

漫画家にとってのトキワ荘…
つまり、小生にとっては聖地 は・か・た黒ハート

行ってみたいなあ!

な・か・す黒ハート


焼きラーメン.jpg

そこで「焼きラーメン」という素敵な食べ物があるのですってね!

「塩やきそば」と「ちゃんぽん」がちゃんぽんされた?ような印象の写真ですが、どうなんでしょう?

3月に永谷園から発売されるとのことですので楽しみにしておりますね☆

しかし、ラーメンは素敵な友達と飲みに行った帰りにぶっこむ!ってのが一番美味しいですね!

posted by hirotako at 12:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 素敵な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

BLOODYROMANCE (1)

眼下に広がる雲の透き間から波のうねりがキラキラと輝く蒼い海を見つめ、世の中の理が少しばかり目尻に刻まれた男は溜め息をついた。

…ドイツの古城だそうだ。…聞いているのか?

部長に呼びつけられたのが2週間前。

テレビでも有名なポータルサイトの若い社長様が、欧州進出の拠点にしたいと、彼らしくネットでその城を見つけ出してきて、その買い付け交渉を命ぜられたのだ。

やりがいのある仕事だとは思ったが、ではそのうち彼は宇宙に事業展開するつもりなのか?とこみ上げる笑いを隠しきれなかった。

…ただ、その城下には伝説があってな…。

ニタリと笑って、部長は金に糸目はつけないそうだとメモ書きていどに一応の予算と交渉手順の記載されたレジュメをよこすと、古城にありがちな御伽話を付け加えた。

しかし…それが事実でしたなど…どう報告すればよいのだろう?

伝説の娘はこの命を育む恵みの光を浴びることはないのだな…と思い、あの青年の瞳にこの輝きはどのように写っているのだろう…と、蒼い海に答えを求めるように、眩しそうに目を細めた。

2006年02月13日

特撮エース☆仮面ライダーTHE FIRST

京都のレンタルビデオ店の勢力地図を一気に塗り替えてしまった
ビデオ1
新作であろうが旧作であろうが、
100円〜150円(店舗によって若干異なるようです)
いやあ小生が高校時代に学生証の誕生日の日付を変え、かりそめのエイティーンになって
苦労して調達したエロビデオのレンタル代金がが一泊二日で350円だったわけですから
マクド並みのデフレっぷりなわけであります。

そして、最近はカウンター隣の等身大立て看板を見てハアハアしているわけです。

仮面ライダーthe firstスーパービジュアルガイドブック

仮面ライダーTHE FIRST 技の1号 力の2号がそこに!

かつて大阪の素敵友達が
のりPの等身大立て看板を
こっそり持ち帰って狭いアパートで同居していたその気持ち!
よく解かるけどそれは犯罪だ!

さて特撮エースで掲載されていた

仮面ライダーTHE FIRST

巨匠江川達也先生が描かれたということで
既にいやあな予感はしていたのですが

…もう一回、本宮先生に漫画道の歩き方を指南していただいた方がよろしいのでは?

小生、「BE FREE!」が好きで好きで大好きで!

BE FREE!(ビーフリー) 〔ワイド版〕全7巻 江川達也/作

この漫画でバイクに目覚めたといっても過言ではないでしょう!

…ついでに性にも目覚めましたが!

笹錦先生が校舎内をVTで破壊しながら駆け抜ける描写は
まさに圧巻でありました。

実は映画化もされております。
主演は確か…
旧誠意大将軍
…まさに悪寒が走りました。

「仮面ライダーTHE FIRST」は手抜きというか、嘗ての漫画に賭ける熱い意欲がなくなっているような気がするのです。
「H×H」落ち前の原稿に匹敵する白さ、乱雑さ、そして未完成ぶりであります!
角川にはそれを注意する熱血編集者はもういないのでありますか?

最近すっかり文化人気取りの江川先生
SODで黒沢愛嬢を撮影している場合ではありませんよ〜!
しかもこの作品もつまらへん!
…あっ!小生じつは黒沢愛スキーでありまして…
撮影してうらやま…いや!

とにかくこの漫画版「仮面ライダーTHE FIRST」はペケポンでございました!






posted by hirotako at 17:35| Comment(4) | TrackBack(1) | 素敵な漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

no-title(11)

薄暗い酒場の安っぽい喧噪の中、琥珀色に染まったグラスの氷が硬質で乾いた音を鳴らす。

ロックで流し込んだウイスキーが喉を熱く焼いたが、それでもカイは酔い足りなかった。

「…私は死にかけている。もう世界がどうなろうと興味はないのだよ…」

だろうな…とカイは思った。でなければ、MS、コロニー落とし、コロニーレーザー…宇宙世紀が生んだ全ての悪夢に携わった科学者など務まった筈がない。

「…そして命を狙われているのは君の方…だ」

カイは黄色く濁った小刻みにぶれる瞳を見つめた。

「…放っておいても死ぬ私は彼等のデコイだよ。少し大人しくする方が賢明だな」

カイは微笑んで言った。

「ありがとう、博士。しかしそのご忠告は聞けそうにありません…一緒に脱出しましょう」

老人は首を横にゆっくりと振った

「…MS05の空間能動的姿勢制御…ロケットの熱核推進で流星のように墜ちていくコロニー…連邦艦隊を消滅させた大口径レーザーの輝き…美しい…計算通りだった、あの一閃…神すら恐れる人知の光の槍だ…」

老人の瞳に宿る狂気の色彩…しかし、それはすべての魂が抱えるどす黒い澱なのだ。

「私は…もう疲れたのだ…北米大陸の原住民のこんな言葉がある」

今日は死ぬのにもってこいの日だ…。

「…さようなら、ノイマン博士」

「さようなら…カイ・シデン君…」

それから一ヶ月…ダカールの連邦議会が無意味な幕を開けた。

グラスを口元に持っていこうとした時、酒場がどよめいて震えた。

酔客共の視線がモニターに釘付けにされている。

キャプテン・クワトロ…いや…シャア・アズナブルを名乗った男がそこにいた。

ティターンズの横暴を訴える彼の声音と眼差しは人々の心を捕らえ、その意志が染み渡っていくようだった。

…あの眼…。

カイはノイマン博士のシロッコの写真を観たときの既視感をもう一度味わった。

…立てよ!国民!…。

WBで観た、ギレン・ザビのガルマ追悼演説が蘇る。

そうか…あの眼は…。

…星を堕とす者達の眼だ…。
ゆっくりとグラスを空けながら、カイはそう思った。

〈終劇〉

posted by hirotako at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | no-title | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。